GEARBESTでandroidタブレットを注文しました。

以前に我が家では各自、pcとタブレットを使用しており、使っていました。
ところが、そのうちの1台がもうすでに買ってから5年が経過しており、本体は大丈夫だが、バッテリーがもうだめ。
そして昨日もう1台の双撃N70が起動不能に、そんなわけで、直すには時間がかかるため、注文することに・・・。

で早速検索してみると結構あります。こんなかんじ

たしか最初の8インチタブレット Minipadはヤフオクだったような、金額は16000円程度はしたような。また双撃は赤札天国だったような金額は12800円
その後楽天で買った8インチは半年もしないうちに壊れた。たしかその店にメール送ったが初期不良1か月のみということで泣く泣くポイ。
金額は8980円だった。

それから見ると金額は3分の1程度で買える。たしかにあれから4,5年程度が経過しているが、日本で買えば安くても倍はする。そう考えると物欲がわいてくる。

駄菓子屋でお菓子選びたい放題に似ている。
そしてこれに決定。早速注文

ここGEARBESTはPayPalが使えるためaliexpressよりちょっと安心だ。
ただしGEARBESTは40ドル以下は原則トラッキングナンバーは付かない。
もし付けたければ1.99ドル払って付けることとなる。

私が購入したのがこれ

2016-04-27_031919

Q88H Android 4.4 Tablet PC  –  BLACK 134291801
1.3GHz A33 Quad Core 7.0 inch WVGA Screen / 512MB / 8GB / WiFi Dual Cameras

 

注文した時のスクショじゃないため、金額が少し違うが
大体こんなもん。

40ドル以下なため、トラッキングナンバーはどうしようか迷ったが
もし付さないと発送時期をごまかされたり、品物がいつ届くかわからなかったりするため
ここは付すことにした。

で注文したのが3月21日、発送が3月26日Gaerbestのよいところは発送時品物のスクショを撮って注文ページ表示してくれることだ。

2016-04-27_032818

でまつこと2週間 4月6日無事到着。予定どおり
で届いたのがこれ

DSCF4715A

発送時の写真。あたりまえか

DSCF4718A

DSCF4720A

重さも掲載されているとおり。正確です。
では開封。
DSCF4726A
DSCF4728A
DSCF4731A

DSCF4732A

起動時
DSCF4745A

DSCF4749A

実は、このタブレットが到着する数日前
我が家のminipadと双撃の修復をはかっていた。

Minipadは一度分解してそのままだったがその後組み立てなおしても
起動時にループで止まっていた。がその後なぜか起動。
無事治っていた。

双撃は、もしやと思いリカバリからユーザデータを削除したところ、無事起動。
何事もなかったように今も元気に動いています。

その双撃と比べたのがこれ
DSCF4754A

若干双撃のほうが大きいが、双撃のほうがメモリが多いせいか
なめらかなような。値段も高いが・・・

我が家にまたタブレットが一台増えた。
だって壊れたタブレットが治ったから。でもまいいか。

そうな安堵も一時。また問題発生。
そうあのVK700Xの時のマルウエア騒動がまだ片付いていないまま
このQ88Hにおいても見付かったのだ。

幸いandroid4.4ということでkingrootをインストールしてroot奪取
感染ファイルを削除。今回はスクショ取り忘れた。

しかし、中華padもスマホもなんでこんなにマルウエアが多いのだろうか
しかもroot内。

これだから、rootがとれるか、カスタムRomを入れている人が多いのか。
と思いたくなるくらい。

これが無かったらほんと安くていいのにな

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です