中国からの郵送時間

aliexpressやBanggood、GearBestの中華ショップ(モール)において注文した商品の配送日数を表にしてみました。

2016-06-19_195706

上記表が今まで(というか今回)商品を購入した一覧になります。

基本的にDHLやEMS等の速達を使わないで利用したものになります。

これを見ると、最短で5日、最長で27日とかなりの開きがあります。またこれは注文してから発送までの日数は入っていません。発送した日からの実質的な配送日数になります。

配送業者

China Post Ordinary Small Packet Plus
比較的小物の配送に使われることが多く、中国から国外へ商品が出た段階でトラッキングが追えなくまります。日本でいうとメール便みたいな感じです。

China Post Registered Air Mail
これも上記同様、小物の配送でSellerがよく使う配送会社になります。

Singapore Post
宅急便が扱う程度の大きさの商品の配送に使われることが多く、日本に着いてからもトラッキングナンバーが有効です。商品が発送されてからトラッキングナンバーが追えるようになるまで、一週間くらいかかります。その後はシンガポール経由で10日から2週間程度で日本に着き、日本の郵便局から数日で自宅に着きます。

Seller’s Shipping Method
これは配送会社名ではなく、Sallerが商品を発送する時にseller側で勝手に配送業者を選びます。そのため配送業者が決まっている商品よりも比較的送料込みの値段が安く、バーゲンセールや期間限定の値引き商品などに使われることが多いようです。

そのため、信頼性においてちょっと不安要素があります。商品が着いたら潰れていたとか、発送したはずなのにトラッキングナンバーが挙がってこないとか。ということも稀にあります。心配だったらSallerに前もって聞いてみるのも良いかも。・・

Netherlands(PostNL International Mail)
オランダの郵便会社です。ここで発送した場合、中国から一端オランダへ行きそれから日本にきます。Singapore Postがシンガポールを経由するようなものですね。

HUNGARY POST
これはGearbestを利用した時の郵便会社でハンガリーを経由するようです。

今回の商品の配送状況を見て感じたこと。

基本、商品を注文すれば当たり前でですが大概は商品が遅かれ早かれ届きます。

稀にトラッキングナンバーが表示されているのに、商品がその後追跡出来ないこともありました。おそらくSallerに商品がない状態で注文を受け注文が入った後、卸業者に発注するのだと推測します。そのためDelivery Timeが60日とかになっていました。2週間くらいしてからSallerにメッセ―ジを送りましたが、「そのうちに表示されるので待って」と返事が来ましたが、1ヶ月してもトラッキングが追えないため、キャンセルしました。

また逆のパターンでは注文した次の日には発送してくれたSallerもいました。まるで日本のamazonみたいですね。amazonは最近は当日発送ですけどね。

注意すること。

注文したらあとは待つだけですが、気を付けた方がよいポイントをいくつか。

評価はあてにならない。
他のサイトでも書いている方がいますが、評価はまずあてになりませんaliexpressでは16段階のレベルで最初はメダル、そしてスコアが500を超えるとダイヤモンド、20000を超えると冠となります。

Feedback Level & Feedback Score

ただ評価においてメダルも無いようなSallerから買ったことありますが、翌日には即発送してくれました。また冠表記のSallerでなかなか発送してくれなかったりと対応はまちまちです。

発送したら1週間はトラッキングは挙がらない。
日本だと最近は注文即発送って感じでなにも見なくても翌日にはほぼ品物が着いていることも多いのですが、事が海外発送なため、発送してトラッキングナンバーが付されたあと郵送会社のHPでチェックしてもすぐには挙がってきません。

番号が初めて上がるのは、早くても1週間程度はかかります。速達でもない限り気長に待つものこの海外通販の楽しみみたいなものですので気長に待ちましょう。

宝くじを買って発表までは色々と妄想するように。楽しめない人はamazonやヨドバシで買うのがいいかと思います。

発送から1ヶ月程度経っても商品が届かないとか、トラッキングナンバーが挙がってこない場合は、Sallerに確認しましょう。場合によってはキャンセルも良し。

品物が届いても即開けない。
商品が届いたら即開けたくなるのが人情ですが、日本ならまだしもやはり中国、ここは、まず商品の外観をチェック潰れて変形していないか。そして写真やビデオで撮影。できれば重さも計りましょう。

商品が複数の場合、結構な確率で個数が合わないです。しかも必ずっていいほど多く入っていることはありません。私も2~3度程度ありました。頼んだ個数が足らないことが。

開封するときはビデオで撮影
開封するときは、商品の状況もさることながら、個数のチェックもあります。開封するときから商品を取り出し、個数をチェック、出来れは動作確認まで1カットで撮影できると、その後のトラブルも大分楽になります。

もし故障や個数が違う場合は、aliexpressの場合まずSallerに対し苦情を伝えます。それでもしゅに申し立てするこaliexpress自体に紛争解決を申し込むことになりますが、必ずと言っていいほど動画や写真の添付を要します。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です