武蔵丘陵森林公園-紅葉見ナイトへ行ってきたけどこりゃすごい

イルミネーションとは一味違った紅葉ナイトイルミ。今年は意を決して行ったきました。
これがなかなかよかった。写真はそのときに撮ったもの

土曜日の午後、ネットでどこ行こうかと検索していると紅葉見ナイトなるものが出てきた。しばらく前からやっているようだが、私は全然しらなかった。

ということで、じゃあいってみよっか。幸い当日は寒くなく翌日は日曜日ということで、激混み覚悟で当然駐車場は止められないだろうね。なんてと言いながら。そう私が言っている駐車場とは森林公園の駐車場ではなくその近くの民間駐車場のこと。

中央入口には入場口に近い順に森林公園駐車場(料金620円)、次に民間駐車場(300円)、民間駐車場(200円)、民間駐車場(100円)と続き、料金100円の場所は森林公園の駐車場から100メートル程度。この差で620円が100円で停められる。

格安だ。私たちが行くときはいつもこの100円駐車場を利用させてもらっている。ありがたい。

さて当日夕方4時から入園ということで、中央入口駐車場以外に止めた車は門を閉じるため中央入口駐車場へ移動してください。との書き込みが・・・・・。

そう、紅葉見ナイトの入り口は中央入口のみに制限されてしまうのだ。当然だが見たい人はそちらに車を移動するため、激込みを予想した。

着いてみると、多少早かったためかかなり余裕があった。ラッキ―(^^)/

とういことで、100円駐車場へ停め椅子に座って旗振っているおばちゃんに100円渡してお願いしますとあいさつ。

まだ4時頃だと明るい。ここは、大谷採石場と違って三脚OKなため、私愛用のクラシカル1眼レフ、PENTAX K100Dと2Kgはある三脚をもっていざ入場。

奥に行くに従い徐々に暗くなってきた。人はまだそれほどではないようだ。
中央入口から入りいつもどおりの道を歩く。
本格的に暗くなってきた。ライトアップの紅葉がなかなか。でもちょっと早かったかな。もうちょっと色着いているといいかも。
中にはかなり色着いている木々も・・
昼間も紅葉はきれいだがライトアップされた木々はまた違うイメージを連想させる。
ハーブガーデンからイルミネーションメイン会場へ。

ここからはUターン。もどりながらライトアップの木々を堪能。
10年前のカメラだが、さすが一眼。結構よく撮れてるじゃん。今の機種例えばK-1とかK-3Ⅱとかだったらもっときれいに撮れるのだろう。
もと来た道にもどりながらハロウィンの名残を堪能。
来た時はまだ明かるかったが・・。
来た時には気づかなかった場所が・・・、こんな隠れたところにも。
そして中央入口へ戻ってきた。

最初に撮った画像と同じ位置。暗くなった方がいいな。

この日撮った写真は600枚以上。同じ被写体で何枚も撮っているいるため枚数が多くなってしまった。RAWファイルでも何枚かとったがデフォルトではjpegと見分けがつかなかった。現像時にカスタマイズして楽しみたい。

一般的なLEDイルミネーションと比べて木々のライトアップは幻想的でありここ以外ではあまり見られない光景です。機会があったらまた来たいですね。

紅葉ハンドブック

厳選 日本の紅葉

シンフォレストDVD 紅葉 名所絶景を訪ねて/映像遺産・ジャパントリビュート

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

Panasonic ミラーレス一眼カメラ DMC-GF7ダブルズームレンズキット 標準ズームレンズ/望遠ズームレンズ付属 ブラウン DMC-GF7W-T

PENTAX ミラーレス一眼 Q-S1 ズームレンズキット [標準ズーム 02 STANDARD ZOOM] ゴールド 06239

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする