音楽プレーヤソフト AIMPのすごすぎるスキン

今回はAIMPのSKIN(外観)を紹介。一般的なスキンはコンパクト的なものが多い中AIMPは昔ながらの高級オーディオを思わせるものが多々見られます。家でくつろぎながら聞くための最適なスキンです。

昨今ではIPHONEやANDROIDなどのスマホで音楽を聴く人が多くなっていますが、ちょっと前の世代だとテクニクスとかテープデッキなんて名称を懐かしく思う人もいるのではないでしょうか、昭和の時代では大型のステレオが洋間の所せましと陣取りおかれていたものです。

 

Kenwood KX-800
まず最初はケンウッドのテープデッキKX-800実物がこんな感じですが
作られたスキンがこれ、なかなかの完成度です。

リンクはこちら

 

Kenwood KX-4520
こちらもケンウッドのテープデッキ、イコライザもスキン化されています。
グレーが基調のモダンチックな感じがいい。

リンクはこちら

 

Aiwa AD-M700
アイワのテープデッキとイコライザのコンポ。

リンクはこちら

 

Technics
昭和の時代を風靡したテクニクスブランド。パナソニックの前身、ナショナルの音響開発部門。今ではほとんど聞けなくなったが・・・。

リンクはこちら

 

Technics SL-1200
こちらは上記のプレーヤ部分。作者の意気込みがうかがえる。
今でもレコード針の需要は高く。根強いファンがいる証拠でもある。

リンクはこちら

 

Denon DR-F8
Denon のこと以前はデンオンって私は読んでいました。でも実はデノンって読むんですね。いやはずかしい。(^^♪
そんなデノンの懐かしい逸品。DR-F8、この方のブログに詳細な記載があります。

 

Denon Classic Style
こちらは画面をほぼ全体を占用してしまうほどの大きさです。

リンクはこちら

 

САТУРН 202-2С
オープンリールデッキ風のプレーヤ。

リンクはこちら

 

リンクはこちら

 

Akai GX-77 Black
こちらのサイトに本物の画像があります。

リンクはこちら

 

Akai GX-77 Grey

リンクはこちら

 

Akai GX-77

リンクはこちら

 

Akai GX-F90 & Akai AM-U01
こちらのサイトに本物の画像があります。

リンクはこちら

 

Akai GX-F90

リンクはこちら

 

Akai

リンクはこちら

 

Весна 306
ポータブルカセットレコーダ。懐かしい

リンクはこちら

 

Electronica-302

リンクはこちら

 

Dual C 846 & Dual CV 1460
シックなテープデッキ。アンプスキンもついています。

リンクはこちら

 

Электроника МП-204 стерео

リンクはこちら

 

Fantasy-2

リンクはこちら

 

Fisher Studio Standard

リンクはこちら

 

GTX HD Player

ダウンロードはこちら

 

GX Pro Player 7.1.1

ダウンロードはこちら

 

GXproPlayer 7.2.2

ダウンロードはこちら

 

НОТА 203-1 стерео

リンクはこちら

 

Юпитер (Giove) 203-1 стерео

リンクはこちら

 

JVC KD-65

リンクはこちら

 

Marantz 5030

リンクはこちら

 

Mayak-120 (231)

リンクはこちら

 

Mayak-232 (233)

リンクはこちら

 

Mayak-203 (205)

リンクはこちら

 

Mayak M-240 C-1

リンクはこちら

 

Mayak MP140C

リンクはこちら

 

Onkyo TA-2066 & Onkyo M-504

リンクはこちら

 

Onkyo TA-2250 & Onkyo M-5030

リンクはこちら

 

Orbita-002 C

リンクはこちら

 

 

Pioneer CT-F1000

リンクはこちら

 

Pioneer RT-707

リンクはこちら

 

Pioneer RT-707 v2

リンクはこちら

 

Retrix2

リンクはこちら

 

Revox B-710

リンクはこちら

 

Скиф 310-2с

リンクはこちら

 

Sony TC-FX7

リンクはこちら

 

Sony TC-RX80 & Sony TA-N77ES

リンクはこちら

 

Sony ES-Style Black

リンクはこちら

 

リンクはこちら

 

Tascam 32

リンクはこちら

 

TASCAM CD-RW750
本物の画像がこれ

イコライザは格納可能

リンクはこちら

 

Tascam CD-RW2000

リンクはこちら

 

Teac Audio System
他にアンプも表示可能

リンクはこちら

 

Teac CD-RW890
こちらはイコライザ等をセンター部分で表示する

リンクはこちら

 

Teac V-3RX
アンプ表示可能

リンクはこちら

 

Telefunken Magnetophon 77

リンクはこちら

 

Vega MP-120 v1.32

リンクはこちら

 

Victor KD-D55

リンクはこちら

 

Web Player

リンクはこちら

 

 

主だったものを掲載してみました。忠実に再現されているものがほとんどでビックリしています。

このスキンを表示しながら、クラシックでも聞けば紅茶がチョーおいしい。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です