おとぼけ ソメイヨシノ? まだ3月中旬だというの超開花中

本日、3月19日熊谷市のとある河川敷沿いの桜の状態を見にいってきました。
ほとんど、いや他の全ての桜がまだつぼみなのに1本だけほぼ満開中


ようやく梅の時期が終わり、あと2週間もすればこのあたりもソメイヨシノが開花し始める。早咲きで有名なカワズ桜は既に終わり、あとはソメイヨシノの開花を待つのみ。

そんな状態を視察方々、毎年国道407号を通る4月上旬、いつも人通りがないが河川敷一杯に広がるその桜並木は、今年こそ見るぞを言わんばかりにちょっと下見に行ってきました。

熊谷の桜といえば、荒川の桜並木が超有名
熊谷といえばうちわ祭りとならんで荒川土手の桜まつりが有名です。

こちらが昨年いったさくらまつり

この桜まつり、荒川土手約2kmに500本植えられているそうで毎年祭りの時期は10万人が見に行くらしい。また夜桜も見られるそうでなかなかの花見スポットとなっています。

意外と穴場なこの河川敷桜並木
毎年4月ごろ国道407線を走っていると小さい河川の脇約500mくらいに渡り桜が満開なのが見える。がしかし人がほとんどいない。ここが荒川土手のサクラ祭りと大きく違うところ。

人込みのなか桜の写真撮影は意外と大変
荒川土手のサクラ祭りもそうだが、有名何処は露店が出て催し物が開催され昼夜人込みでにぎわっています。

だが写真家にとってはそんな人込みのなか三脚を据えじっくり撮影なんてとてもっ出来ない。ただでさえカメラマンは迫害されるのが通例だから。

できれば人がいない、みごとな桜並木はなものか。そんな要望に応えてしまいそうな穴場スポットです。

不思議なほど人がいない。
毎年この道沿いを通るがさくらが満開の時でも、ほとんど人を見ない。同じ熊谷でも妻沼の利根川付近は車道の脇に桜並木があるがここはまばらながら人は見られる。

がしかし、今回行ったこの河川敷沿いはまずこの地域の人くらいが散歩する程度しか人が見られない。

これはフォトスポットとして穴場かもしれません。
そんなフォトスポットをちょっと下見方々見に行ったところ上流に向かって右岸はソメイヨシノとどうやら違う品種のさくらかまたは桃らしき木々がつぼみを膨らませていました。あと10日くらいかね。そんな話をしていながら左岸にいくとやはりソメイヨシノの桜並木が・・・

まだつぼみ状態、やはり今しばらくの時間が必要みたい。

と思ったその瞬間、一本だけほぼ満開の桜が・・・
どうみてもソメイヨシノ、幹をみてもソメイヨシノ
他のソメイヨシノはいまだつぼみも小さいままなのに・・・

この時期絶対咲くはずがないソメイヨシノ

しかしなぜか一本だけ咲いている。ちょーおとぼけなさくら

これがそのさくら

このとおり、前後を見てもこの木一本だけ。

ちょっとびっくりな出来事でした。

追伸

翌日、ソメイヨシノかどうか、不安だったため、再度一眼レフをもって撮影に

カワズ桜の可能性もあったため、追加フォトします。

はなびらはこんな感じ

もし違っていたらごめんちゃい

でもソメイヨシノの中に一本だけ違う桜っていうのもなんか変ですよね。

もしこの桜知っている人がいたらコメント下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする