Windows10でGW-USMicroN(GW-USPico)を使う

我が家のネットワーク構成はインターネットからモデムを経由して約20m離れた部屋までケーブルを引き8ポートハブを介して3台のPCとワイヤレスルータ2台を接続、そのほか防犯カメラもハブに接続して使用しています。

またモデムはルーターもついておりそこから子供用PCを接続し、そこにもワイヤレスルーターを接続しています。

こういったネットワーク環境から家の中ではどこでもワイヤレスネットワークが使用可能となっており、不便をきたさない様にしています。特にパッドで動画をみたりネットをするには非常に利便性がたかい。

そんな状況なためUSB無線LAN子機なんて使用することは最近ではなかったのですが、ふとしたことから昔使用していたGW-USMicroN、親機とセットで買ったやつですが、ちょっと試しに使おうとしたらドライバがみつからないことが判明。

 

ネット上至るところへ探しまくりましたがみつかるのはWIN7までのものばかり、そうだよね考えてみればこれ買ったのってVistaがメインのころだったような。Win8も対応していない。

 

そんな状況のなか、一つの光が・・・

どうやら、ちょっとしたテクを使うとどうやら使えるようになるらしい。

それはディバイスドライバの一覧から指定する方法。

まずはディスクトップ上の(もしなければエクスプローラを起動して)、マイコンピュータ(エクスプローラは右ペインのPCアイコン)を右クリックして一番下のプロパティをクリック(タップ)してシステムプロパティのウィンドウになったら右上のほうに「デバイスマネージャー」があると思うのでこれをクリック、すると下記の画面が起動する。

「ほかのデバイス」の802.11nWLANを右クリックしドライバーの更新をクリック

「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリック

下のほうに「ネットワークアダプター」があるのでそれをクリック

右ペインの「Planex Commuications,Inc.」をクリックし左ペインの「GW-USPico」を探す。そして「次へ(N)」ボタンをクリック。

警告画面が出るが無視し続行、「はい」ボタンを押す。

で正常に更新された画面がでればok

デバマネ上もちゃんと表示されているはず。ためしに無線ルーターと接続確認したら問題なかった。

 

ドライバ単体をバッファローや海外サイトで探したが見つからなかったが以外と近くにあり、かなり古いパーツでも使用可能となった。よかったよかった、めでたしめでたし。

 

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です