自称・フォトグラファーが行く。秋の嵐山渓谷、いくっきゃない見ごろな紅葉時期と登るべき大平山

晩秋の紅葉を見ようと地図上を散策していたら嵐山の文字が

そういえば一度も行ったことがなかったなと思い森林公園から近いんじゃん。ということで出かけた
といっても着いたのが午後2時ごろなため大して見ることができなかった。
ついてみると大平山の無料駐車場がありほぼ満車だったが運よく1台あいておりそこに止められた。

嵐山町の紅葉は槻川に生える紅葉がきれだそうでといっても最初に訪れたのはあとでわかったのだが嵐山渓谷の入り口だった。よく調べずに現地入りしたため、適当に散策

IMGP5992.JPG IMGP5993.JPG IMGP5994.JPG

IMGP5995.JPG IMGP5996.JPG

駐車場から川に降りるルートがありガードがしてあったが皆それをよけて降りて行った

IMGP5997.JPG IMGP5999.JPG IMGP6000.JPG IMGP6001.JPG


晩秋なため落葉が目立ちます。 色もネットで見るほどきれいではなかった。

IMGP6002.JPG IMGP6007.JPG IMGP6011.JPG

IMGP6012.JPG IMGP6013.JPG IMGP6019.JPG

IMGP6023.JPG IMGP6031.JPG

IMGP6025.JPG IMGP6026.JPG

無料駐車場から戻る途中の中腹あたりにも駐車場がありそこへ停めてまた山中へ

IMGP6027.JPG IMGP6029.JPG IMGP6035.JPG IMGP6036.JPG

IMGP6037.JPG IMGP6039.JPG IMGP6040.JPG

IMGP6041.JPG IMGP6044.JPG IMGP6046.JPG

駐車所から歩くこと15分、結構あるった気がしたがそれほど急でもなく、途中休憩をはさみながら山頂へ、そしてここがその山頂。

IMGP6048.JPG IMGP6051.JPG

IMGP6052.JPG IMGP6053.JPG IMGP6054.JPG

もどる途中にあった神社らしいがその名も天岩戸嵐山明が指宮

IMGP6066.JPG IMGP6072.JPG IMGP6073.JPG IMGP6078.JPG

IMGP6069.JPG IMGP6085.JPG


「あまのいわとらんざんあけがさしぐう」と読むそうですが、手入れが行き届いたきれいな神社でした。
嵐山町 ぶらり旅

県立嵐山史跡博物館に立ち寄る

この菅谷館跡は 縄文・弥生時代にはじまり、古墳時代、奈良、平安、および鎌倉・室町・戦国の各時代に至るまで、数多くの遺跡群が複合、点在しているそうで長い歴史の中で存在感があるなという感じです。

菅谷館跡の位置と歴史

IMGP6086.JPG IMGP6091.JPG IMGP6092.JPG IMGP6093.JPG

IMGP6087.JPG IMGP6097.JPG IMGP6098.JPG

IMGP6099.JPG IMGP6100.JPG IMGP6105.JPG IMGP6094.JPG

インスタグラムもやってるよ(^^)/ 見にきてね

IMGP6102.JPG IMGP6111.JPG IMGP6114.JPG IMGP6122.JPG

IMGP6113.JPG IMGP6116.JPG IMGP6120.JPG IMGP6121.JPG

夕方になり薄暗くなりかけたので今日はこのあたりで帰ることに

この日は来るのが遅かったため満足いかず家路につくことに。史跡博物館の敷地内は結構広く、菅谷館跡なる遺跡と紅葉を満喫したが、嵐山渓谷の紅葉にはちょっと満足いかなかった。

沖縄・北海道など全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク